top of page

トレーニングを始めましょう

さていよいよトレーニングを開始しましょう。


とは言え、トレーニングには疲れがつきもの。

やり過ぎは厳禁です。


過去の運動経験や、現在運動をしているかなど

しっかり考慮しながら回数やかける時間など

判断しましょう。


ではまず”ドローイン”からいきましょう。



ドローイン


これは主に、腹筋のなかでも深い位置にある

腹横筋のトレーニングになります。



1,仰向けに寝ます。膝は直角に。

  手は軽く肘を曲げて左右それぞれ下腹部骨盤の上あたりに添える。


2,大きく息を吸いお腹を膨らまします。(腹式呼吸)


3,目一杯膨らませたらゆっくり息を吐いて今度は凹ませます。


4,お腹が背中につくようなイメージで凹ませ切ったら

  5~10秒キープ。


5,これを2~5セット繰り返しましょう。


これに慣れてきたら3までは同じ、

4で凹ませ切ってキープだけではなく

凹ませ切ったところでキープしながら

自然呼吸を鼻から吸って口から吐きます。


余裕があればキープしたまま

自然呼吸をゆっくりと数回。


これを2~5セット繰り返しましょう。



インナーのトレーニングは、

アウターのトレーニングのように


目に見えて大きな変化があるものではありません


地道にやっていく中で少しづつ変化を実感する、

そんな感じのものです。


なので、疲労の実感が無くても

すぐに量を増やしたりせず、


週2~4日、最低2~4週間続けてみて

目的とする部分の筋肉とは違うところに

強い疲労や違和感などが出ないかどうか

しっかり確認しながらやっていきましょう。


必要に応じて回数や時間を

増やしてもらって良いのですが、

必ずこの先も続けていけるかを

考えて行うようにしましょう。


考え無しのトレーニングは

あとで必ず後悔します。



詳しくはこちらの記事をどうぞ

 

「運動と筋肉 その1」 


「運動と筋肉 その2」


「続ける意思と覚悟」




また関連する筋肉にはストレッチなどのケアを

合わせて行いましょう。


今回のトレーニングでは

腹筋と腰筋のストレッチが良いでしょう。


腰筋は座り姿勢での前屈、

腹筋は仰向けで腰の下にタオルを丸めたものなどを入れ

腰を少し浮かせた状態で力まず背伸びをしましょう。



次回以降は

トレーニング要素がすこし強くなっていきますので

疲労のケアはより重要になってきますので

面倒がらずに必ずトレーニング後に

セットで行うようにしましょう。



これでしっかりトレーニングに入る準備ができました。


次回のトレーニングも頑張っていきましょう。









Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索